ステンレス製品案内

Myodo Spec
扱い鋼種及び製作可能板厚範囲等

明道メタルでは、JIS規格と「独自規格 -Myodo Spec-」を取り扱っています。
独自規格では素材の選定から行い、
製品の性能を上げたい、加工工程を減らしてコストを削減したいという
お客様のご要望にお応えしています。

Ⅰ.鋼種

規格等 化学成分値(%) 備考欄
分類 JIS該当規格 明道規格 C Si Mn P S Ni Cr Mo その他
オーステナイト系 SUS301 301 ≦0.15 ≦1.00 ≦2.00 ≦0.045 ≦0.030 6.00~8.00 16.00~18.00 - - -
SUS304 304 ≦0.08 ≦1.00 ≦2.00 ≦0.045 ≦0.030 8.00~10.50 18.00~20.00 - - -
304Y
304Z
304M
304i
≦0.08 ≦1.00 ≦2.00 ≦0.045 ≦0.030 9.00~10.50 18.00~20.00 - - ・注射針等溶接用材として9Ni系で各元素調整した各メーカー材保有
D-5 ≦0.08 ≦1.00 ≦2.00 ≦0.045 ≦0.030 9.00~10.50 18.00~20.00 - - ・旧NTKD-5規格
SUS305 305 ≦0.12 ≦1.00 ≦2.00 ≦0.045 ≦0.030 10.50~13.00 17.00~19.00 - - -
305K ≦0.12 ≦1.00 ≦2.00 ≦0.045 ≦0.030 10.50~13.00 17.00~19.00 - - ・旧NTK305K規格
SUS304L 304L ≦0.030 ≦1.00 ≦2.00 ≦0.045 ≦0.030 9.00~13.00 18.00~20.00 - - -
SUS310S 310S ≦0.08 ≦1.50 ≦2.00 ≦0.045 ≦0.030 19.00~22.00 24.00~26.00 - - -
SUS316 316 ≦0.08 ≦1.00 ≦2.00 ≦0.045 ≦0.030 10.00~14.00 16.00~18.00 2.00~3.00 - -
SUS316L 316L ≦0.030 ≦1.00 ≦2.00 ≦0.045 ≦0.030 12.00~15.00 16.00~18.00 2.00~3.00 - -
SUS321 321 ≦0.08 ≦1.00 ≦2.00 ≦0.045 ≦0.030 9.00~13.00 17.00~19.00 - Ti ≧ 5xC% -
SUSXM7 XM7 ≦0.08 ≦1.00 ≦2.00 ≦0.045 ≦0.030 8.50~10.50 17.00~19.00 - Cu : 3.00~4.00 -
フェライト系 - HIB ≦0.015 ≦1.00 ≦1.00 ≦0.040 ≦0.030 ≦0.60 14.00~16.00 - Al:3.00~5.00 ・電気抵抗材、耐高温酸化性材
SUS430 430 ≦0.12 ≦0.75 ≦1.00 ≦0.040 ≦0.030 ≦0.60 16.00~18.00 - - -
SUS430J1L 430J1L ≦0.025 ≦1.00 ≦1.00 ≦0.040 ≦0.030 ≦0.60 16.00~20.00 - N ≦ 0.025
Nb : 8x(C%+N%)~0.80
Cu : 0.30~0.80
・高耐食性材
- 430M ≦0.20 ≦1.00 ≦1.00 ≦0.040 ≦0.005 ≦0.60 19.00~21.00 - N ≦ 0.025
Nb≧10x(C%+N%),
且つ0.30~0.80
Cu : 0.30~0.60
・高耐食性材
マルテンサイト系 SUS410S 410S ≦0.08 ≦1.00 ≦1.00 ≦0.040 ≦0.030 ≦0.60 11.50~13.50 - - -
SUS420J2 420J2 0.26~0.40 ≦1.00 ≦1.00 ≦0.040 ≦0.030 ≦0.60 12.00~14.00 - - -
析出硬化系 SUS631 631 ≦0.09 ≦1.00 ≦1.00 ≦0.040 ≦0.030 6.50~7.75 16.00~18.00 - Al:0.75~1.50 -
2相鋼 SUS821L1 2120 ≦0.030 ≦0.75 2.00~4.00 ≦0.040 ≦0.020 1.50~2.50 20.50~21.50 ≦0.60 Cu:0.50~1.50
N:0.15~0.20
・2相鋼(NSSC2120)
・t<0.5

以下バネ材と焼鈍材に区分

Ⅱ.仕上

仕上の記号
(JIS準拠)
明道スペック
(仕上記号)
仕上の説明
No.2D 2D ・冷間圧延後、熱処理、酸洗又はこれに準ずる処理を行って仕上げたもの。
- 2B/TL ・冷間圧延後、熱処理、酸洗又はこれに準ずる処理を行った後、つや消しロールによって、最後に軽く冷間圧延したもの。
No.2B 2B ・冷間圧延後、熱処理、酸洗又はこれに準ずる処理を行った後、適切な光沢を得る程度に冷間圧延して仕上げたもの。
- 2BH ・冷間圧延後、熱処理、酸洗又はこれに準ずる処理を行った後、所定の硬度を得る程度に冷間圧延して仕上げたもの。
BA BA ・冷間圧延後、光輝熱処理を行ったもの。
- AsBA ・冷間圧延後、光輝熱処理を行ったもの。 (AsBA) 必要によって張力を付与し、形状矯正を行うことがある。
- CGF ・冷間圧延後、熱処理、酸洗又はこれに準ずる処理を行い必要に応じて軽度の冷間圧延を行った後、CG処理を行って仕上げたもの。(湿式研磨)
- MP ・冷間圧延後、熱処理、酸洗又はこれに準ずる処理を行い必要に応じて軽度の冷間圧延を行った後、MP処理を行って仕上げたもの。(乾式研磨)
- HSP ・冷間圧延後、熱処理、酸洗又はこれに準ずる処理を行い必要に応じて軽度の冷間圧延を行った後、所定の研磨処理を行って仕上げたもの。(乾式研磨)

Ⅲ.機械的性質

【JIS G 4305(2012)】冷間圧延ステンレス鋼板及び鋼帯

規格等 状態 耐力
N/mm2
引張強さ
N/mm2
伸び % 硬さ
Hv
備考欄
分類 JIS該当規格 明道規格 - 調質の記号 0.30≦t<0.40 0.40≦t<0.80 0.80≦t
オーステナイト系 SUS301 301 固溶化熱処理 ≧205 ≧520 ≧40 ≦218 -
調質圧延 1/4H ≧510 ≧860 ≧25 ≧25 ≧25 - -
1/2H ≧755 ≧1030 ≧9 ≧10 ≧10 - -
3/4H ≧930 ≧1210 ≧3 ≧5 ≧7 - -
≧960 ≧1270 ≧3 ≧4 ≧5 - -
SUS304 304 固溶化熱処理 ≧205 ≧520 ≧40 ≦200 -
304Y
304Z
304M
304i
≧205 ≧520 ≧40 ≦200 -
D-5 ≧205 ≧520 ≧40 ≦200 -
SUS305 305 ≧175 ≧480 ≧40 ≦200 -
305K ≧175 ≧480 ≧40 ≦200 -
SUS304L 304L ≧175 ≧480 ≧40 ≦200 -
SUS310S 310S ≧205 ≧520 ≧40 ≦200 -
SUS316 316 ≧205 ≧520 ≧40 ≦200 -
SUS316L 316L ≧175 ≧480 ≧40 ≦200 -
SUS321 321 ≧205 ≧520 ≧40 ≦200 -
SUSXM7 XM7 ≧155 ≧450 ≧40 ≦200 -
規格等 状態 耐力
N/mm2
引張強さ
N/mm2
伸び
%
硬さ
Hv
備考欄
分類 JIS該当規格 明道規格
フェライト系 - HIB 焼きなまし ≧350 ≧520 ≧15 ≦230 曲げ試験は省略
(ご指定がある場合に限り実施。)
SUS430 430 ≧205 ≧420 ≧22 ≦200
SUS430J1L 430J1L ≧205 ≧390 ≧22 ≦200
- 430M ≧205 ≧450 ≧22 ≦200
マルテンサイト系 SUS410S 410S ≧205 ≧410 ≧20 ≦200
SUS420J2 420J2 ≧225 ≧540 ≧18 ≦247
析出硬化系 SUS631 631 固溶化熱処理(S) ≦380 ≦1030 ≧20 ≦200 -
2相鋼 SUS821L1 2120 固溶化熱処理 ≧400 ≧600 ≧20 ≦310 ・当該規格品は個別に材質設計するため、物件毎お打合せさせて頂きます。

【JIS G 4313(2011)】バネ用ステンレス鋼帯

規格等 調質の記号 耐力
N/mm2
引張強さ
N/mm2
伸び
%
硬さ
Hv
曲げ性
90°V曲げ 内径半径
備考欄
分類 JIS該当規格 明道規格
オーステナイト系 SUS301-CSP 301-CSP 1/2H ≧510 ≧930 ≧10 ≧310 厚さの2倍以下 -
3/4H ≧745 ≧1130 ≧5 ≧370 厚さの2.5倍以下 -
≧1030 ≧1320 - ≧430 - -
EH ≧1275 ≧1570 - ≧490 - -
SEH ≧1450 ≧1740 - ≧530 - -
SUS304-CSP 304-CSP 1/2H ≧470 ≧780 ≧6 ≧250 厚さの2倍以下 -
3/4H ≧665 ≧930 ≧3 ≧310 厚さの2.5倍以下 -
≧880 ≧1130 - ≧370 - -
析出硬化系 SUS631-CSP 631-CSP ≦380 ≦1030 ≧20 ≦200 厚さの0.5倍以下 -
1/2H - ≧1080 ≧5 ≧350 厚さの1.5倍以下 -
3/4H - ≧1180 - ≧400 - -
- ≧1420 - ≧450 - -

Ⅳ.板厚許容値

単位:mm

  項目
板厚区分 明道スペック
(独自仕様)
JIS G 4305
(冷間圧延ステンレス鋼板及び鋼帯)
JIS G 4313
(バネ用ステンレス鋼帯)
熱処理状態
(W≦500)
バネ用材
(W≦500)
一般
(W<1250)
ET
(W<160)
ET
(400≦W<630)
ET
(W<80)
ET
(250≦W<600)
t < (0.08) ±0.005 - - - - - -
(0.08) ≦ t < 0.10 ±0.005 - - ±0.010 - - -
0.10 ≦ t < 0.16 ±0.005 ±0.005 - ±0.015 - ±0.008 ±0.015
0.16 ≦ t < 0.25 ±0.010 ±0.010 ±0.03 ±0.020 ±0.030 ±0.012 ±0.020
0.25 ≦ t < 0.40 ±0.010 ±0.010 ±0.04 ±0.025 ±0.035 ±0.015 ±0.025
0.40 ≦ t < 0.60 ±0.010 ±0.010 ±0.05 ±0.035 ±0.040 ±0.020 ±0.030
0.60 ≦ t < 0.80 ±0.010 ±0.010 ±0.07 ±0.040 ±0.045 ±0.025 ±0.035
0.80 ≦ t < 1.00 ±0.015 ±0.015 ±0.09 ±0.040 ±0.05 ±0.025 ±0.035
1.00 ≦ t < 1.25 ±0.02 ±0.02 ±0.10 ±0.05 ±0.06 ±0.030 ±0.040
1.25 ≦ t (<) 1.60 ±0.02 ±0.02 ±0.12 ±0.05 ±0.06 ±0.030 ±0.040
1.60 ≦ t (≦) 2.00 ±0.03 - ±0.15 ±0.06 ±0.08 - -

※1  鋼種 SUS304およびSUS430に適用。(特殊鋼種は別途相談)
※2  お客様のご要望により、規格の範囲内での片公差も可能です。 又、上記以外については別途協議させて頂きます。
※3  板厚0.15未満の熱処理状態は幅300mm以下。

Ⅴ.板幅許容値

単位:mm

  項目
板厚区分 明道スペック
(熱処理状態・バネ用材共通)
JIS G 4305
(冷間圧延ステンレス鋼板及び鋼帯)
JIS G 4313
(バネ用ステンレス鋼帯)
一般仕様
(W≦20)
一般仕様
(20<W≦100)
一般仕様
(100<W≦500)
EW
W<160
EW
160≦W<250
W<80 80≦W<160
t < (0.30) 別途協議 ±0.10 ±0.15 ±0.15 ±0.15 ±0.10 ±0.15
(0.30) ≦ t < 0.60 ±0.10 ±0.10 ±0.15 ±0.15 ±0.15 ±0.10 ±0.15
0.60 ≦ t < 1.00 ±0.10 ±0.15 ±0.20 ±0.15 ±0.15 ±0.15 ±0.20
1.00 ≦ t < 1.60 ±0.15 ±0.20 ±0.25 ±0.20 ±0.25 ±0.20 ±0.20
1.60 ≦ t < (2.10) ±0.15 ±0.25 ±0.25 ±0.30 ±0.35 - -

※明道規格についてはお客様のご要望により、規格の範囲内での片公差も可能です。 又、上記以外については別途協議させて頂きます。

Ⅵ.板の平坦度

単位:mm

  項目
板厚区分 明道スペック
板の平坦度(バネ材は別途協議)
JIS G 4305
板の平坦度
JIS G 4313
0.10 ≦ 厚み ≦ 1.60
長さ2500以下の場合 長さ ≦ 2000 長さ > 2000 1/2H 3/4H
W < 80 別途協議 (3) (6)
80 ≦ W < 250 (3) (6)
(250 ≦ W ≦ 1000) - -

※長さが2500mmを超えるものについては別途協議とさせて頂きます。

Ⅶ.横曲り

単位:mm

  項目
板厚区分 明道スペック JIS G 4305 JIS G 4313
長さ1mについての横曲りの最大値 長さ1mについての横曲りの最大値 長さ1mについての横曲りの最大値
W < 10 別途協議 - -
10 ≦ W < 20 -
20 ≦ W < 40 -
40 ≦ W < 80
80 ≦ W < (500)

※板厚が1.0mmを超えるものについては別途協議とさせて頂きます。

Ⅷ.バリの高さは板厚の10%以下とさせて頂きます。

※板厚が1.0mmを超えるものについては別途協議とさせて頂きます。

Ⅸ.コイル巻取仕様及び梱包仕様については別途協議とさせて頂きます。

Contact Us/
お問い合せ

ステンレスの事なら、
なんでもお気軽にお問い合せ下さい。

製品案内/事業案内カタログ
PDFダウンロード

コチラから、カタログをダウンロード出来ます。
もっと読む

FOLLOW US